齟齬

御厨鉄の愛した本 後編

読者さんをだいぶ待たせてしまったな、と思う。 前半を書いたのはもう2年くらい前だ。後半を書くのが、意外と難しい。 第一に、記憶が新しいとなかなか整理がつかない。昔読んだ本をピックアップするのは簡単だけど、最近の記憶からだ

「暗殺論」幸徳秋水

暗殺はまことに罪悪だが、しかし彼を絶望させる社会は一層の罪悪ではないだろうか。 1901年に万朝報に掲載された幸徳秋水の「暗殺論」を現代語訳しました。 原文は「近代日本思想大系13 幸徳秋水集」の他、ANARCHY IN